女としての幸せを掴む

LOVE

結婚を諦めないで

未婚、あるいは離婚し、子どもを一人で育てている母親のことをシングルマザーと呼びます。このシングルマザーは近年増加傾向にあるので、同じクラスにシングルマザーを持つ子がいたという人もいるでしょう。シングルマザーは女手一つで子どもを育てつつ、仕事をしないといけないので、シングルマザーで無い母親よりはやはり負担が重くなり、忙しい毎日をおくります。そんな日々に追われ、もう自分は再婚できないだろうと結婚を諦める人も多いでしょう。しかし、シングルマザーだったら再婚相手にとって重荷になってしまうのか、結婚は本当に不可能なのか、というとそうではありません。なぜなら、シングルマザーは同年代の方と比較した時に、人生経験が豊富だからです。何が起こっても冷静に対処できる判断力や、包容力、多くの家事を一人でこなす要領の良さはまさにピカイチです。人は、案外そういうところをよく見ているものです。したがって、そういう面を見て「いいな」と思う男性は少なからずいます。シングルマザーの方が再婚するにあたって一番気になるのは、再婚相手と子どもの愛称ではないでしょうか。自分が再婚したいと思える相手に出会えても、相手が子ども嫌いだったりすると、どうしても気が引けてしまいます。子どもがちょうど思春期だと、特に相手との相性は重要となってきます。再婚相手には、子どもをきちんと育てる気がある人、邪険に扱ったりせず、子どもに気さくに声をかけられるような人が理想的です。見極めるためには、何度か引き合わせて様子を見るのが良いでしょう。シングルマザーだからと再婚を諦めてはいけません。心の底から結婚したいと思える相手が現れたなら、女としての幸せを手にしましょう。

Copyright© 2017 子持ちのシングルマザーが再婚する方法とは|相手を見極めよう All Rights Reserved.